コラム

Da-iCE

ライヴ&イベント

顔面偏差値75の実力はいかに!? イケメンアーティストはバレンタインチョコを何個貰えるのか? 実際に数えてみた

バレンタインの風物詩といえば、トラック○台分のチョコをもらうイケメン芸能人。
しかし、本当にそれだけ沢山のチョコを貰っているのか?
いまだかつて、その証拠を見たことがない。
もし本当なら、実際にいくつ貰えるのか数を数えてみたい。
 
 
そして、「そんな検証できたらいいよね~」、なんて言っていた時、
バレンタイン当日にライヴを行うという、うってつけのグループを発見!!
 
それは、最新シングル『もう一度だけ』がオリコン週間ランキングで2位を獲得。
CDTV(TBS系)で「2015年ブレイクすると思うアーティスト」に選ばれた、
人気急上昇中のダンス&ボーカルユニット“Da-iCE”。


Da-iCE(ダイス) 3rd single「ハッシュ ハッシュ」Music Video


4オクターブの“聞かせる歌声”を操るツインボーカルと、
洗練された“魅せるダンス”を繰り出す3人のパフォーマーからなる5人組。
 
アップテンポな曲はもちろん、バラードだってお手の物。


Da-iCE(ダイス) 4th single「もう一度だけ」Music Video

そして、なんといってもメンバー全員の顔面レベルがヤバい。
静止画だけではなく、動画でもここまでカッコいいとは…
動画を何度も何度も再生し、ブサイクに見えるカットを探したが…
ひとつも見当たらない(悔し涙)。
 
そんなDa-iCEにつけられたキャッチフレーズが…
 
「顔面偏差値75」「イケメン界の東大生」
 
むむむっ…、確かに。東大入試にイケメン枠があれば、皆さん余裕で現役合格だろう。
 
 
これは、バレンタインデーともなればさぞかし沢山のチョコが貰えるに違いない。
いやいや貰えないわけがない!
段ボールから溢れ出るチョコという、漫画のような光景を目にできる千載一遇のチャンス。
 
失礼を承知で「バレンタインチョコを数えさせて下さい…」と取材を申し込んだところ、
 
なんと!快くOK!さすがイケメン、心も広い!!
 
 
ということで、我々はバレンタインスペシャルフリーライヴが行われる、
イオンモール幕張新都心へ。



JR新宿駅から最寄駅のJR海浜幕張まで往復1280円。
駅からイオンモールまでバスにも乗った。
なかなかの交通費を払った手前、手ブラで帰るわけにはいかない。
何が何でも山盛りのチョコを写して帰らねば…。
 
しかし、ちょうど受験シーズン真っ只中。会場も都内のど真ん中というわけではない。
ファンの方が集まっていなかったら…一抹の不安を抱えながらイベントステージへ。
するとそこには…



会場を埋め尽くす沢山のファンの皆さん!!

日中でも気温9℃という寒さの中、二階までびっしり、多くのファンが集まっていた。
 
なんと、ライヴのためにわざわざ韓国からやって来た方もいました。
これは期待できる!!
 
チョコレートは、メンバーの名前が書かれた段ボールに入れていくシステム。
果たして、箱からチョコが溢れ出る光景を見られるのか?
 
 
さて、この日のライヴは12:00からと16:00からの2ステージ。


ライヴが始まると会場の気温が体感で5℃上昇!
 
ツインボーカルの美声が耳に入り、足を止める買い物客も続出。
そして、キレ味抜群のダンスでファンはもちろん、幕張の皆さんを魅了した。


さらに、4月15日に5th Single『BILLION DREAMS』のリリースが発表されると、
会場のボルテージはさらにヒートアップ!!
 
 
…と、大いに盛り上がったライヴだが、筆者の視線は常に、例の段ボールへ。
 
ライヴも堪能したが、真の目的はチョコレートを数えること。
それなら、ライヴの終了に合わせてくればよかったんじゃ…
なんて思い始めた筆者をよそに、Da-iCEの面々はライヴ後の握手会に突入。




バレンタインデーに応援しているアーティストと握手が出来て、しかも話せるなんて、
ファンの皆さんが羨ましい!
 
そして、握手後、チョコを段ボールへ入れる人が続出。



ついに、段ボールに入りきらない状態に!



キタ!キタ!キタッ!我々はこういう画を待っていたんです!数を数えるのが楽しみだ!
 
果たして、一体何個のチョコが集まったのか?気になる集計の前に…



まずはリーダーでパフォーマーの工藤大輝



―現在、顔面偏差値75と言われていますが、
小さい頃の顔面偏差値はいくつぐらいだったと思いますか?
 
 大輝:子供の頃は髪も短くて、“ザ・わんぱく小僧”って感じでした。
だから、偏差値は30くらいですね。全然高くないです。

 
―では、そんな偏差値30時代に起きたバレンタインデーの思い出は?
 
大輝:中学生の頃、ようやくチョコが貰えたんです。
バレンタインデーの翌日、学校に行ったら、机の中にチョコが入っていて。
とっても嬉しかったんですけど…

 
―ですけど?
 
大輝:肝心の名前が書いてなくて…。
推理したんですけど、結局、誰がくれたのかわからなかったんです…
だから今でも、誰がくれたのか気になってます。

 
―続いて、ファンの皆さんへかなり早めのホワイトデーのお返し。
自分の体の中で一番自信があるパーツ、「ここが偏差値75!!」を見せて下さい。
 
大輝:僕の偏差値75は…“手”。

大輝:指が細くて、キレイって言っていただくことが多いですね。
手をアップで撮られることはあんまりないので、なんか恥ずかしいです。




ピアノ男子という一面を持つ大輝さん。この手が美しい音色を奏でているんですね。




続いて、ボーカルの花村想太


―現在、顔面偏差値75と言われていますが、
小さい頃の顔面偏差値はいくつぐらいだったと思いますか?
 
想太:偏差値でいうと…35くらいかな~。かなり低かったと思います。
小学生のころは美意識がゼロだったので。

 
―ファッションとかには興味がなかったんですか?
 
想太:オシャレへの興味ゼロ!
だって、毎日シャカシャカのジャージで学校に行ってましたから。


―では、そんな偏差値35時代に起きたバレンタインデーの思い出は?
 
想太:毎年、バレンタインデーは「チョコ貰えるんかな~、どうなんやろうな~」って、
ドキドキしながら登校してました。
それで初めて貰えた時、1個だけだったんですけど、ほんとに嬉しかったですね。

 
―続いて、ファンの皆さんへかなり早めのホワイトデーのお返し。
自分の体の中で一番自信があるパーツ、「ここが偏差値75!!」を見せて下さい。

想太:僕の偏差値75は…肩の筋肉“肩筋”。



想太:昔から、肩の筋肉がボコッてなってて、しかも自由に動かせる!
鍛えたこともないのに、こんなんになって自分でも不思議。




素晴らしい肩筋を見せてくれた想太さん。
インタビュー中、とってもいい香りがしたので、
「良いにおいがしますね」と言ったところ、想太さんはこの一言「体臭です(笑)」。
イケメンは体臭までイケメンでした。



続いて、パフォーマーの
和田颯

―現在、顔面偏差値75と言われていますが、
小さい頃の顔面偏差値はいくつぐらいだったと思いますか?
 
颯:小さいころはとにかくイモくて、…真ん中の50、いってれば良いほうだと思います。
 
―では、そんな偏差値50時代に起きたバレンタインデーの思い出は?
 
颯:実は、小・中・高を通して1度も、本命チョコを貰ったことがないんです。
 
―いやいや、そんなはずないですよね?100個くらい貰ってそうですけど?
 
颯:ホントにないんです。義理はあっても、本命は0個。
小学1年のときからダンスを始めて、ずっとダンスに打ち込んできてので、
バレンタインは関係なかったというか。
チョコが貰えなくて残念って気持ちもありませんでした。

 
―続いて、ファンの皆さんへかなり早めのホワイトデーのお返し。
自分の体の中で一番自信があるパーツ、「ここが偏差値75!!」を見せて下さい。
 
颯:僕の偏差値75は…“足の細さ”。よく細いって言われます。


マネージャーさんと比べると、その細さは一目瞭然!

颯:だけど、これでも太くなったほうなんですよ。


脚線美を披露してくれた颯さん。本当に細かったです!

ちなみに、隣に立って比較対象にされたのはT中マネージャー。
メンバーの顔面偏差値75に合わせて体重92キロから75キロを目指し、
ダイエットを始めるそうです。頑張って下さい!



続いて、ボーカルの
大野雄大


―現在、顔面偏差値75と言われていますが、
小さい頃の顔面偏差値はいくつぐらいだったと思いますか?
 
雄大:子供の頃の顔面偏差値は100!!
 
―100!?今より高いじゃないですか!?
 
雄大:小さい頃のオレ、ホントに可愛くって。
鈴木福くんにソックリなんですよ。母親もびっくりするくらい。
道を歩いてると、あまりの可愛さにギャルが振り返りましたもん!

 
―ギャルって、どんな子供だったんですか?
 
雄大:クレヨンしんちゃんみたいに、マセてましたね。
 
―では、そんな偏差値100時代に起きたバレンタインデーの思い出は?
 
雄大:実は…。小学生の頃、両想いの女の子が4人いまして。
 
―え!?小学生にして4股ですか?
 
雄大:違います。そこはキッパリ否定させて下さい。
僕らは“付き合う”ではなく“好き合う”と言ってたんですけど。
その時、4人の女の子全員からチョコを貰えたことが嬉しかったですね。

 
―続いて、ファンの皆さんへかなり早めのホワイトデーのお返し。
自分の体の中で一番自信があるパーツ、「ここが偏差値75!!」を見せて下さい。
 
雄大:僕の偏差値75は…“上腕二頭筋”。



雄大:今日の仕上がりはイマイチなんですけど…



イマイチと言いながらも、丸太のように太い腕を見せてくれた大輝さん。
顔と歌声に加え、肉体まで美しいなんて弱点が無さ過ぎる!



続いて、パフォーマーの岩岡徹

―現在、顔面偏差値75と言われていますが、
小さい頃の顔面偏差値はいくつぐらいだったと思いますか?
 
徹:5000です。
 
―え?
 
徹:ホントに5000です。
 
―顔面偏差値5000ってどういうことですか?
 
徹:幼稚園の頃が自分史上最大にモテた時代なんです。
 
―今とは次元が違うじゃないですか?どうしてそんなことに?
 
徹:幼稚園の頃からサッカーをやっていて、
自分で言うのもなんですけど、色々なクラブから誘いが来るほど、
地元ではけっこう有名な選手だったんです。
子供の頃って運動神経いいとモテるじゃないですか。

 
―では、そんな偏差値5000時代に起きたバレンタインデーの思い出は?
 
徹:バレンタインデーの当日は、沢山もらう自信があったので、
チョコを入れる用に大きめの紙袋を二つ持って幼稚園に行きました。
結果的に、60~70個貰えて。パンパンの紙袋を二つ持って、家に帰りましたね。

 
―で、幼稚園をピークに顔面偏差値が下がっていくと。
 
徹:そうですね。小学生になると毎年1個か2個、貰えるくらいでした。
中学になるとゼロ…。偏差値5000の頃が懐かしいです。

 
―続いて、ファンの皆さんへかなり早めのホワイトデーのお返し。
自分の体の中で一番自信があるパーツ、「ここが偏差値75!!」を見せて下さい。
 
徹:僕の偏差値75は…“親指”。



徹:親指のスタイルが良いとか、親指がシュッとしてるって言われるんです。



顔面偏差値5000から75という激動の人生を歩んでいた徹さん。
 
ちなみに、インタビュー中に雄大さんが乱入し、
「俺も紙袋持って小学校行ったけど、1個しか貰えなかった」という、
後付け感満載のエピソードを披露してくれました!



その他、メンバーの皆さんに
Q.自分が女性だとして、他のメンバーに本命チョコをあげるとしたら、誰にあげますか?
と聞いたところ、意外な結果が!
 
第1位は…2票を獲得した…“T中マネージャー”!!(※写真右の方)


「お世話になっているマネージャーさんにあげたい」
「真心を込めた手作りチョコをプレゼントしたい」
などなど、メンバーから愛されているT中マネージャーでした。


と、スペシャルインタビューが終わったところでチョコレートの集計が終了。





段ボールに入りきらないほど集まった、沢山のチョコレート。
 
 
顔面偏差値75のDa-iCE、一体を何個貰えたのでしょうか?
 
いよいよ、発表です!
 
avex portal調べ、
この日のイベントだけでDa-iCEが貰ったバレンタインチョコの数は…
 
 
約500個
 
 
たった1度のイベントでこれだけ貰えるとは!
噂は本当だった!
さすが顔面偏差値75、イケメン界の東大生は伊達じゃありません。
 
事務所やファンクラブに届いているものなどを含めず、この数ですからね。
 
 
愛がこもったチョコを貰ったDa-iCEの皆さん。
 
4月15日の5th Single「BILLION DREAMS」リリースに向けて、
チョコをエネルギーにますますエンジン全開!


Da-iCE 4/15(水)発売 5th single「BILLION DREAMS」 Teaser(予告映像)

来年のバレンタインデーには何倍、何十倍ものチョコが貰えるほど、
大ブレイクをしているかもしれません。
偏差値75のイケメンたちから今年は目が離せない!
 
そして、5th Single「BILLION DREAMS」と同じ4月15日に2nd LIVE DVD『Da-iCE LIVE TOUR PHASE 3 ~FIGHT BACK~』発売!こちらも併せてチェック!
 
 
Da-iCE (ダイス) OFFICIAL WEBSITE
http://da-ice.jp/

Da-iCE (ダイス) オフィシャルアプリ
App Store Google play