NEWSニュース

長江崚行&松村優、新感覚の学園ミステリ・ミュージカルに挑む! 『ルームメイトと謎解きを』

2023.11.18



俳優の長江崚行と松村優が、18日から東京・サンシャイン劇場にて上演されるミステリ・ミュージカル『ルームメイトと謎解きを』に出演する。
 
本作は、注目の若手作家・楠谷佑氏が執筆した全寮制男子校×本格ミステリをオリジナルミュージカル化。
脚本・作詞・演出を手掛けるのは、ミュージカル、ストレート・プレイとジャンルを問わず多くの作品を演出し、『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』で第27回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した板垣恭一氏。
 
主役の兎川雛太を小野塚勇人(劇団EXILE)、武藤潤(原因は自分にある。)がWキャストで主演。
そして雛太役とW主演となる鷹宮絵愛を富永勇也が演じ、全寮制男子校で起きた、不可解な殺人事件に迫る。
 
今回は、人気のミュージカル作品『ヘタリア』で主演を務め、『青山オペレッタ』など多くの舞台作品を中心に活躍を見せている長江崚行と、
ミュージカル『テニスの王子様』で一躍人気を博し、『滄海天記~陽炎篇~』や『ホロー荘の殺人』などで独特の存在感を見せる松村優。
同じ事務所に所属する戦友であり、注目の若手俳優2人に、本作についての話を聞いた。
 
本作への出演が決まった時の心境を、長江は、「ミステリを舞台化する経験もそんなに沢山あるわけではないので、謎をお客さんにどうやったら面白く伝えられるのかなとワクワクしていました」と振り返り、
「久々に共演する方や実力のある役者さんがいらっしゃって日々勉強になっていますし、板さん(板垣恭一氏)とも「アーモンド」以来久しぶりにご一緒出来るということで、本当に充実した毎日を過ごせています」と喜びを表した。
 
松村は、「僕も板さんとは3年ぶりくらいにご一緒させていただくのですが、本作は、登場人物1人1人がピックアップされるようなストーリーになっていて、崚行と同じく、とてもワクワクしています。今回の共演者は知り合いが多くて、みんなとまた楽しい作品にしたい、頑張ろうという気持ちが大きいです!」と意気込んだ。
 
長江と松村は、本作で演出を手掛けた板垣氏について、
「板垣さんは、すごくロジカル。論理的で、納得がいく瞬間が沢山あって。稽古期間も本番もそうですけど、こういうルールを設けるから、そこは守ってほしいけど、その中でいっぱい遊んでいいよ!と、役者としては本当にやりやすく、心地良いんです!」と長江が話す。
 
松村は、「板垣さんは、それぞれの役者のことをすごく事前に勉強してくれていて、その上で色々な演出のアドバイスをいただけるので、役者としても全く違和感がないというか、確かにその通りだなということが多くて、すごく勉強になるんです」と力強く答え、
「芝居とは!とか、これを守っておけばお芝居が出来るようになるよ!と、本当にしっかりと教えてくださる優しさがあって、楽しく作品作りが出来ましたね」と板垣氏と非常に良い関係性の中で作品を作っていることを明かした。
 
本作で、長江と松村が演じる役は、ストーリーの中でそれぞれが重要なポイントになっている。
長江は、「一幕に関しては、僕が演じる園部が物語を引っ張っていかなければならない場面が沢山あります。今回、ミステリということで、誰がどのようにストーリーに絡んでくるかというのが見どころの1つです。
園部は、心を塞ぎ込んでしまっていたり、人に頼れなかったりするのですが、同じような経験をしている方もいらっしゃると思うので、是非見守っていただければ嬉しいです」と呼びかける。
 
一方、松村は、「この作品において、自分が演じる元村はどういう立ち位置、役回りなんだろうと考えていましたが、台本を読んでみると、ほぼ松村優で。(笑)
あんまり普段の自分のテンションと変わらなくて、そこまで役作りをしたというわけではないのですけど、この作品は、重くなるシーンも多いので、そこで板さんからは、自分の役としての明るさが重要になってくると言われました。今はそこを意識して演じています」と自信を見せるが、
「実は、けっこう日替わりのセリフとかも、自分で勝手に増やしています。(笑) 崚行からは「なんで、自分を苦しめるの?(笑)」と言われているのですが、僕はそういうことが好きなので、色々挑戦して、毎日違うことをやっていけたらなと思っています」と、松村のアドリブが散りばめられているとのこと。
 
最後に本作の魅力に対して聞くと、
長江は、「どこまでいっても高校生の話というのが、僕はすごく好きです。
全寮制の学校で殺人事件が起きるというのは、現実的に考えたらすごくサスペンスフルなことだし、全寮制学校ならではの閉鎖的な空間であるとか、高校生でまだ精神年齢もそこまで高くないから、高校の中の世界が全てという感覚もあります。
そんな中で、事件が起きていくという不安さとか恐ろしさが、男子高校生の血気盛んな空気で中和されていき、だからこそ、この作品が成り立つんだなと思います。いつまでも子どもで居続けなければならない面白さというか、それがこの作品の持っている唯一無二の魅力という感じがしています」とアピール。
 
松村は、「展開がめちゃめちゃ早いんですよ。その展開の早さにお客様を置いていかないように演じています。1つ1つのキーワードとか伏線だったりを置いていったりもしているので、見逃さずに見て頂けたら嬉しいです。
僕が演じている元村瞬は、基本わちゃわちゃしているんですけど、意外と重要なことを言っていて、僕自身がその役回りを逃さないようにしっかりお芝居をして、皆さんに楽しんでいただけるような作品になればなと思います!」と力強く語った。
 
本作は、東京・サンシャイン劇場にて11月18日~26日に上演される。
 
 
<ミステリ・ミュージカル『ルームメイトと謎解きを』>
2023年11月18日(土)~26日(日)
東京都 サンシャイン劇場
https://musical-roommate.com/
 
原作:楠谷佑「ルームメイトと謎解きを」(ポプラ社)
脚本・作詞・演出:板垣恭一
音楽:桑原まこ、桑原あい
出演:小野塚勇人、武藤潤 / 富永勇也、長江崚行、健人、加藤将、横山賀三、山野光、松村優 / 加藤良輔、陳内将、青野紗穂 / 鈴木壮麻 / 神澤直也、半澤昇、森山晶之、吉村健洋、大崎聖奈、光由
 
※小野塚勇人と武藤潤はWキャスト。

 
もどる