13 min

安い花の定期便おすすめ8選|送料無料?お花のサブスクの選び方と500円や1000円のサービスも紹介

日々の生活の中で、癒やしは欠かせません。お花で癒やされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。家にお花が飾られていたら、毎日心が和やかになりますよね。

花の定期便にはさまざまなサービスや特徴があり、どれにすべきか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

サービスの存在を知っていても、内容までは詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか。

この記事では、安い花の定期便おすすめ8選とあわせて、選び方のポイントやメリット・デメリットなどを紹介していきます。利用を検討している方はぜひ最後までご覧下さい。

料金については、全て税込み価格の表記で2022年9月6日時点の情報となります。詳しくは各サイトにてご確認ください。

安い花の定期便の選び方|お花のサブスク選びの4つのポイント

安い花の定期便の選び方で欠かせない点を4つ紹介します。

サービスの利用を検討している方は、どのような点を考慮して決めるべきか迷うでしょう。
以下の4つの点を押さえて、理想のサービスを見つけてくださいね。

  1. 送料が無料、もしくは安い
  2. 回数の縛りがなく、解約しやすい
  3. 傷んでいたときに交換・返品できる
  4. ポスト投函で届けてくれる

それでは1つずつ見ていきましょう。

安い花の定期便の選び方1|送料が無料、もしくは安い

1つ目の点は、送料が無料、もしくは安いことです。お花の料金だけでみるとリーズナブルだと感じていても、送料が加わると高くて購入するのをためらってしまう場合があるでしょう。そのため、送料がかかるとしても300円前後だと続けて購入がしやすいです。

プランによって送料が異なるサービスが多いので、事前にチェックしておきましょう。また送料以外に入会金や解約金などがかかってしまうサービスもあります。予想以上にお金を支払う必要があったと後悔しないように確認しておくことが大切です。

安い花の定期便の選び方2|回数の縛りがなく、解約しやすい

2つ目は、回数の縛りがなく、解約しやすいことです。少なくとも4回以上購入する必要がある、もしくは6回受け取りが必要、などの回数縛りが存在するサービスがあります。回数縛りがあると手軽にお試しできず、気になっても手が出せないことがあるでしょう。

新鮮なお花を届けてくれるのか、サービス内容は充実しているか、など、まずは1回試しで購入してみて継続を決めたいですよね。決められている回数まで続けなければ、解約金が取られてしまうサービスもあります。続けられるか不安に思っている方は、回数縛りがないサービスを選ぶとよいでしょう。

安い花の定期便の選び方3|傷んでいたときに交換・返品できる

続いての欠かせない点は、傷んでいたときに交換・返品ができることです。

安い花の定期便を利用すると、品質が不安だと感じる方もいるでしょう。多くの花の定期便ではアフターサービスが用意されています。

傷んでたり枯れていたりした場合、連絡すると、無料で交換・返品できるため、安心して購入できます。

せっかく購入したものが、傷んでいて、残念な気持ちで飾ることにならないよう、万が一のときのために交換・返品できる定期便を利用するとよいでしょう。

安い花の定期便の選び方4|ポスト投函で届けてくれる

最後の点は、ポスト投函で届けてくれることです。

お花が届く度に自宅にいなければいけないと、不便に感じることもあるでしょう。多くの花の定期便ではポスト投函に対応しており、自宅にいなくてもお花を受け取れます。

ただ、ポスト投函の場合、お花の新鮮さがなくなってしまわないかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、花の定期便では新鮮さを保つためにさまざまな工夫がされているので、どのようなこだわりがあるのか確認しておくと安心して利用できます。

安い花のおすすめ定期便8選

では続いて安い花のおすすめ定期便8選を紹介します。

それぞれ特徴や料金制度、サービス内容などが大きく異なるためぜひ1つずつチェックしてくださいね。

  1. medelu
  2. bloomee
  3. +hana
  4. FLOWER
  5. ピュアフラワー
  6. &flower
  7. hanameku
  8. WEEKLYFLOWER

順を追って解説していきます。

medelu|公式サイトで手入れ方法を学べる

まず紹介するおすすめの定期便は「medelu」です。

花の種類が豊富で、かわいらしい雰囲気のお花が届けられると女性に人気が高い定期便になっています。

自身の部屋の雰囲気にあわせてコースを決められるため、自分好みのお花が届く可能性が高いです。

送料が無料で、安いプランだと698円(税込)で購入できます。

また栄養剤が同封されており、長持ちする安心感を感じられるでしょう。さらに回数縛りがないので、気軽に始められます。

ただし、お花が傷んでいた場合、無料で交換できず、返金の対応になるためご注意ください。MiniとLiteプランのみ、ポスト投函に対応しています。

ほかは手渡しか宅配ボックス、玄関前での置き配になるので覚えておきましょう。

【ANYROOMコース】
  • Mini:698円/回
  • Lite:1,240円/回
  • Lite+:1,540円/回
  • Basic:2,178円/回
【MODERNコース】
  • Lite:1,570円/回
  • Lite+:1,870円/回
  • Basic:2,508円/回
【NATURALコース】
  • Lite:1,240円/回
  • Lite+:1,540円/回
  • Basic:2,178円/回

medeluの口コミ

次にmedeluの口コミを確認していきましょう。

ボリュームがあってお花を飾るのが楽しいと利用者の方から意見が出ています。

また、プランやコースが豊富なので、いろいろ試せるのがうれしいですね。

bloomee|体験プランがあるから試しやすい

2つ目は「bloomee」です。週に1回か、2週間に1回の配送周期から選べます。

bloomeeが提携している全国に約100店舗あるお花屋さんからお花が発送される仕組みがとられています。

体験プランとレギュラープランはポスト投函に対応していますが、リッチプランは手渡しでの受け取りになります。

送料はすべてのプランで支払う必要があり、リッチプランでは550円(税込)の送料がかかります。

また4回の回数縛りがあるため、一度だけお試しで注文することはできません。

4回未満で購入をやめると、解約金がかかってしまうのでご注意ください。

万が一、傷んでいるお花や品質に関して不良があると認められた場合、配達されて1日以内であれば返品交換できます。

レギュラープラン880円/回(送料 385円)
リッチプラン1,980円/回(送料 550円)
体験プラン550円/回(送料 275円)
※すべて税込価格です

bloomeeの口コミ

続いてbloomeeの口コミも一緒に見ていきましょう。

https://twitter.com/kabegamimorisu/status/1551791644965748736?s=20&t=nOkHZNKCa7iYBJvuP2N6Tw

季節によってはどうしてもお花が痛みやすくなってしまい、長持ちさせるのが困難という意見もある一方で、bloomeeのお花で癒されているという声も多く、さまざまなお花が届くことで、ワクワクした気持ちで日々過ごせているようです。

+hana|858円でリーズナブル

次に紹介するのは「+hana」です。

新鮮でまだ十分飾れる価値を持っているものの、行き先をなくしてしまったお花を活かして届けています。

お花は切り花用のゼリーを使用して保水しているため、ポスト投函での受け取りも安心です。

2週間に1回もしくは月に1回の頻度から配達周期を選択できます。品質に問題があった場合、出荷してから3日以内に画像を添付して連絡すれば、返金などの対応をしてくれます。

注意すべき点は5回の回数縛りがあることです。また送料も330円かかるので、お花の料金に追加されると頭に入れておきましょう。

+act for flower528円(送料 330円)
+live for flowers770円(送料 330円)
※すべて税込価格です

+hanaの口コミ

ここでは+hanaの口コミを紹介します。

かわいらしいお花が届くとの声が多く、またリーズナブルな値段で購入できるのも人気の秘密ですね。

FLOWER|コンパクトサイズでかわいい

4つ目のおすすめは「FLOWER」です。

プランは料金が880円(税込)、送料が396円(税込)の1つのみになります。月に2回届けてくれて、ポスト投函で受け取れます。

自宅にいる必要がないため、日中働いている方や学校に行っている方も安心して利用可能です。

お花の廃棄を防ぐために販売している、低価格でおしゃれなロスレスブーケも取り扱っています。送料はかかってしまいますが、ワンプランのみのため、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

FLOWERでは注文前に画像でお花の確認をして、好きなものを選べます。多くの花の定期便だとプロが選んだ花が届くため、自宅に来て開けるまでどのような花かわかりません。

しかし自分の好きなお花がほしいと思う方は、予想した通りのお花が届くFLOWERのサービスがおすすめです。

FLOWERの口コミ

続いてはFLOWERの口コミです。

FLOWERは自分が好きなお花を選べるので、自分の好みの傾向がわかります。また栄養剤もついているので、お花が長持ちします。

ピュアフラワー|送料無料で届けてくれる

5つ目にお伝えするおすすめの花の定期便は「ピュアフラワー」です。

スタッフが自宅まで届けてくれるので、送料がかからないのが魅力的なポイントになります。また回数縛りがないところもメリットです。

ただポスト投函はできず、手渡しか玄関先での置き配になります。支払い方法は現金のみのため、ほかのサービスにあまりない特徴です。

お花の定期便(東京店エリア以外)950円/1回×月2回(月額1,900円)
お花の定期便(東京店エリア)1,000円/1回×月2回(月額2,000円)
※すべて税込価格です

ピュアフラワーの口コミ

続いてピュアフラワーの口コミもチェックしておきましょう。

約1,000円で購入できるピュアフラワーの花ですが、ボリュームがあり満足できるとの声が多くあげられています。全体的に満足度が高いです。

&flower|1プランのみでシンプルかつわかりやすい

6つ目のおすすめは「&flower」です。2021年1月にサービスが開始されました。

配送周期は週に1回・2週間に1回・月に1回のなかから選べます。届けられるお花には延命剤が備えられており、長持ちするよう工夫されています。

また送料がかからず、ポスト投函に対応しているのもうれしい点です。

さらに近日リリース予定の、お気に入りのお店を登録したり、逆に好みではないお店をブロックしたりできる機能も&flowerの大きな特徴になります。

&flowerプラン880円/回(送料 385円)
※すべて税込価格です

&flowerの口コミ

次は&flowerの口コミです。

ポスト投函に対応しているため、大きすぎずちょうどよいサイズのお花が届きます。

自宅の好きなところにサッと置けるのがありがたいですね。

hanameku|1,000円以下で購入できる

続いての花の定期便は「hanameku」です。2022年の7月に「LIFULL FLOWER」の名称から変更されました。送料無料で回数縛りがなく、始めやすいのがメリットです。

またライトプランだとポスト投函に対応しています。

そして万が一品質に満足できなかった場合、配達された日を含めて3日以内にフォームから申請すると、返金の対応か代わりの商品を届けてくれます。

プランには、蓋を開けたら飾るだけの花瓶や水換えをする必要がないものや、自分でお花を好きに活けられるものがあります。

ライトプランは九州・沖縄・離島へのお届けができず、スタンダードプランとセルフアレンジプランでは、沖縄と離島に配送できません。

送料は以下のようになっています。ライトプランでは送料がかかりません。

  • 北海道エリア・九州エリア:550円
  • 北東北エリア・関西エリア:220円
  • 中国エリア・四国エリア:330円
  • 南東北エリア・関東エリア・信越エリア・北陸エリア・中部エリア:無料
ライトプラン858円/1回
セルフアレンジプラン(Sサイズ)1,958円/1回
セルフアレンジプラン(Lサイズ)3,278円/1回
スタンダードプラン2,680円/1回
※すべて税込価格です

hanamekuの口コミ

hanamekuの口コミもあわせて確認していきます。

お花と一緒に届くメッセージを楽しみにしている利用者の方もいらっしゃるようですね。

WEEKLYFLOWER|フラワーデザイナーユニットが手がける

最後に紹介するのは「WEEKLYFLOWER」です。フラワーデザイナーユニット「BIONIC PLANTS」が手がけている花の定期便になります。

週に1回か、2週間に1回の配送周期から好きなほうを選べます。

プランは1つのみで、お花の料金が730円(税込)、送料が540円(税込)で計1,270円(税込)となります。

もし届いたお花が傷んでいた場合、当日中に画像を添付してメールを送ると再送の対応をしてくれます。ポスト投函には対応しておらず、手渡しのみになるのでご注意ください。

WEEKLYFLOWERの口コミ

ではWEEKLY FLOWERの口コミも一緒に確認していきましょう。

毎週もしくは隔週で、さまざまな種類のお花を届けてくれます。

ただし、配達可能エリアが主に関東圏で、北海道・九州・沖縄は対象外なのでご注意ください。

安い花の定期便のメリット・デメリット|お花のサブスクを使う前に

ここでは安い花の定期便を利用するメリット・デメリットを解説します。花の定期便は便利ですが、メリットばかりではありません。利用するうえで知っておくべきデメリットもあわせて覚えておきましょう。

安い花の定期便のメリット

まずは安い花の定期便を利用するメリットから紹介します。

  • 店に行ってお花を購入する必要がない
  • プロが選んでくれたお花が届く
  • 自分では選ばないようなお花を飾れる
  • 定期的に届くので常に新鮮なお花を置ける
  • 安いと長期的に続けやすい

定期便だと自宅まで届けてくれるため、常に新鮮なお花を部屋に飾っておくことができ、わざわざ外に出かける必要がありません。

仕事や家事などで忙しい方にぴったりのサービスです。またプロがお花を選んでくれるので、自分ではなかなか選ばないようなものやセンスが光ったものが届くのも楽しみですね。

何より安い花の定期便でありがたいのが、長く続けられることです。どれほどおしゃれでセンスがよくても、料金が高いと続けるのが困難になってしまいます。

安い花の定期便だと、長い目でみたときに出費額が大きく下がってくるため続けやすいでしょう。

安い花の定期便のデメリット

続いてはデメリットです。

  • 月に数千円の出費がかかる
  • 好みではないお花が届く可能性がある
  • 配達時に自宅にいないといけないサービスもある

好みではないお花が届く可能性があるのは、デメリットです。自分で好きなお花を選べるサービスもありますが、ほとんどはプロが選んだお花が届きます。

ですから季節にあわせて届くお花が好みではなかったり、思っていたものと違ったりする場合もあるでしょう。

さらに、手渡しでのみ、お花を届けている定期便もあります。配達時に自宅にいなければいけないのは不便に思うこともあるでしょう。

しかし希望配達時間が指定できるサービスもあるので、ぜひご利用ください。

安い花の定期便を利用する前に解決したい疑問

続いて安い花の定期便を利用する前に解決しておきたい疑問を2つ紹介します。

疑問や不安を抱えたまま定期便を始めないよう、きちんと確認しておきましょう。

  • 花の定期便はお試し注文ができる?
  • 花を長持ちさせるために気をつけることは?

それでは1つずつ見ていきましょう。

安い花の定期便はお試し注文ができる?

初回のみ無料だったり、通常より安く購入できたりしてお試し注文できる花の定期便はあります。しかし、すべてのサービスでお試し注文ができるわけではありません。

最初から回数縛りがあったり、割引がきかなかったりする場合もあります。

まずお試ししてから継続するか決めたい方は、初回無料で利用できる「bloomee」がおすすめです。

花を長持ちさせるために気をつけることは?

せっかく購入して届いたお花なので長持ちさせたいですよね。

お花を長持ちさせるために気をつけるべきことはいくつかあります。

  • 直射日光があたらない風通しがよい場所に置く
  • 水をこまめに換えて汚れた状態にしない
  • お花にあった水の量を心がける
  • 切り花は定期的に水切りをする
  • 余計な蕾や葉っぱは切り落とす
  • 延命剤や栄養剤を使用する

お花によって手入れ方法が異なります。多くの花の定期便ではお花を届けるのと一緒に手入れ方法の説明が入っていたり、サイトで動画が用意されていたりします。

ぜひお花の種類によって手入れ方法を変えて、学びながら育ててくださいね。

安い花の定期便のまとめ

忙しい1日が終わったあとに帰宅して、きれいなお花が飾られていたら心が安らぎますよね。

お花の種類が豊富だったり珍しいお花だったりするのも魅力的なポイントですが、料金が安いのは長く続けるうえで大切な点になります。

本記事で紹介した選び方で欠かせない点、メリット・デメリットなどを踏まえたうえで、安い花の定期便おすすめ8選のなかからぴったりのサービスを選んでくださいね。

ぜひ日々の生活のなかにお花を取り入れて、毎日を明るくしてください。

関連記事