ALL CONTENTSアーティスト・作品一覧

ARTIST

辻井伸行

2009年6月に米国テキサス州フォートワースで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。
 
image.png


1988年東京生まれ。幼少の頃よりピアノの才能に恵まれ、98年、10歳でオーケストラと共演してデビューを飾る。

 
 
2000年にはソロ・リサイタル・デビュー。05年には、ワルシャワで行われた「第15回 ショパン国際ピアノ・コンクール」に最年少で参加し、「批評家賞」を受賞した。
 
image.png

「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」優勝後は、日本の主要コンサートホールでのツアーをはじめ、アメリカ、ドイツ、スイス、イギリスなど、数多くの国々でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、世界各国で圧倒的な成功を収めている。

11年はカーネギーホールの招聘でリサイタル、12年はアシュケナージの指揮でロンドン・デビュー、ヴァレリー・ゲルギエフの指揮でサンクトペテルブルクにデビュー。13年にはイギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」に出演し「歴史的成功」と称賛された。  11年はカーネギーホールの招聘でリサイタル、12年はアシュケナージの指揮でロンドン・デビュー、ヴァレリー・ゲルギエフの指揮でサンクトペテルブルクにデビュー。13年にはイギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」に出演し「歴史的成功」と称賛された。       
 
14年にはゲルギエフ指揮でミラノ・デビュー。同年ルーヴル美術館でのリサイタルは世界へインターネット中継された。
 
15年には佐渡裕指揮でウィーン・デビュー、ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団とドイツ及び日本で共演。
 
16年はミヒャエル・ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とのドイツ・ツアー、ロンドンでのリサイタル・デビュー、ウラディーミル・アシュケナージ指揮でのシドニー・デビュー。
 
17年はアシュケナージ指揮でベルリン・ドイツ交響楽団にデビュー、ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と日本ツアー、パリのシャンゼリゼ劇場でのリサイタルが絶賛され、18年はゲルギエフやアシュケナージとの共演など世界的アーティストとの共演を数多く行った。
 
19年はロンドンのインターナショナル・ピアノ・シリーズやカーネギーホール主催のピアノ・リサイタル・シリーズへ出演し驚異的な成功を収め、ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団、ロビン・ティチアーティ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団、ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団などの一流指揮者との共演や国内外でのツアーを行っている。

07年よりエイベックス・クラシックスより継続的にCDを発表し2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞、近年では、ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団との「グリーグ:ピアノ協奏曲、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲」、ウラディーミル・アシュケナージ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団との「ショパン:ピアノ協奏曲第2番、ノクターン」、三浦文彰との「フランク&ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ」をリリース。作曲家としても注目され、映画《神様のカルテ》で第21回日本映画批評家大賞を受賞。
 
image.png

09年、文化庁長官表彰(国際芸術部門)。10年、第11回ホテルオークラ音楽賞及び第1回岩谷時子賞受賞。13年、第39回日本ショパン協会賞受賞。


オフィシャル・サイト

NOBU PIANO

エイベックス・クラシックス・インターナショナルオフィシャルサイト
もっとみる

MOVIEムービー

LIVE EVENTライブ・イベント

MEDIAメディア

DISCOGRAPHYディスコグラフィ

もっとみる

GOODSグッズ

もどる