NEWSニュース

辻井伸行、三浦文彰が「サントリーホール ARKクラシックス」の記者会見に登壇

2018.05.15
辻井伸行 / 三浦文彰

2011年にアークヒルズ25周年を期にスタートした「音楽のある街」として、 アークヒルズ界隈の居住者、ワーカー、施設が音楽を通じてコミュニティの結びつき深めることを趣旨とする 「ARK Hills Music Week2018」が10月5日~約一週間開催される。
 
 メイン企画であるサントリーホールの大ホール、ブルーローズで週末に開催される 「ARKクラシックス」のアーティスティック・リーダーに就任したピアニストの辻井伸行とヴァイオリニストの三浦文彰が記者会見に登壇。

 「10年程前からヨーロッパで演奏していた『室内楽』を日本でもっと広めていきたいと感じ、 いつか『室内楽』を取り入れたフェスティバルを開催したいと構想していたので、今回開催することができ、大変嬉しく思います。ヨーロッパの音楽仲間も参加するので是非皆さんで盛り上げて頂きたいと思います。(三浦)」 

 「三浦さんとはとても気が合う。音楽で会話するのが本当にいつも楽しいです。『室内楽』の魅力をぜひ皆さまにお伝え出来ればと思います。(辻井)」
 食事やカラオケにも一緒に行くというおふたり、若きリーダー達が中心となったの演奏をどうぞお楽しみ頂きたい。
 本イベントは、街全体で気軽にクラシック音楽を聴けるイベントとなっており、期間中はサントリーホールとカラヤン広場を中心に、近隣ビルディングのロビー、美術館、教会、大使館などでコンサートやイベントが開催され、昼休みや帰宅前に気軽に立ち寄れるイベントとなっており、 カラヤン広場では 「ARKクラシックス」 のパブリックビューイングを予定しており、無料でトップクラシックアーティストのコンサートを観覧することができ、アーティスティック・リーダーの両名が作り上げる「室内楽」の魅力を十分に感じることができる特別な時間となっている。

「サントリーホール ARKクラシックス」
日程:2018年10月6日(土)~8日(月・祝)
会場:サントリーホール(大ホール/ブルーローズ)
お問い合わせ先:http://www.ints.co.jp/ark-classics2018/index.htm
 
もどる