コラム

平井 大

アーティスト

“平井 大”お気に入りのカフェを巡りながら、最新アルバム『ON THE ROAD』についてインタビューしてきた♫

こんにちは、エイベックスコラム編集部です。
7月に入って夏らしい気候になりましたね。今はちょうどセールの時期、お店へふらっと買い物へ行かれる方も多いのではないでしょうか?
 
暑い中、いくつもお店を回っていると休憩したくなるものですよね。そんな時に立ち寄りたくなるのが、そう、カフェです!!
 
今回のコラムでは、買い物や散歩の合間にふらっと立ち寄れるお洒落なカフェを“平井 大”(ひらい だい)さんにご紹介いただきました!!
 
【過去参照記事:あのディズニーとコラボした“平井 大”の登場で実は今アツい!? 知ってるようで意外と知らないハワイアン・ミュージック
【過去参照記事:【ファッション連載】アーティスト“平井大”と行く代官山ショップ巡り
【過去参照記事:【サーフカルチャーの雄“平井 大”】カヴァーアルバム『Love is Beautiful』を解説してもらった
 
サーフカルチャーをルーツに持つ“平井 大”さんのセンスの良さは、今までのコラムでも披露されていますが、本コラムではどのようなお洒落カフェを紹介してくれるのでしょうか?
 
なんと!本日2017/7/5、オリジナルニューアルバム『ON THE ROAD』がリリースされます!

iTunesが選ぶ2016ベストアルバムとなった『Life is Beautiful』から1年。
今回は“平井 大”さんオススメのカフェで、待望のオリジナルニューアルバム『ON THE ROAD』についてインタビューさせていただきました!


1軒目のカフェは代官山駅の近くにある「GARDEN HOUSE CRAFTS(http://gardenhouse-crafts.jp/)」をご紹介いただきました。

こちらの「GARDEN HOUSE CRAFTS」は鎌倉にある「GARDEN HOUSE 鎌倉」の2号店として2015年にオープン。フレッシュなデリのほか、原材料から製粉にまでこだわり抜いた焼きたてパンが特長のお店です。
 
さっそく、「GARDEN HOUSE CRAFTS」をご紹介してくれた“平井 大”さんに、その理由をお聞きしましょう。

—こちらの「GARDEN HOUSE CRAFTS」は開放感のあるオープンテラスが素敵ですね。

平井)そうなんですよ。代官山あたりで買い物をした合間に寄ったりするんですけど、この解放感が良いんですよね。

—買い物はお一人が多いんですか?

平井)一人の時もありますけど、親しい友人やバンドメンバーと買い物をしに行ったりと、いろいろですね。
 
—こちらのお店では、いつも何を注文されるんですか?

平井)お店に限らずカフェラテが好きで、こちらでもカフェラテをよく頼みます。(メニューを見ながら)「サニーサイドアップ」がおいしそうなので、今日はこれにしようかと思います。もちろん、ドリンクはカフェラテで(笑)。



—お洒落ですね(笑)。もし、こちらでご自身の曲が流れるとしたら、どの曲が良いと思いますか?

平井)何がいいかなぁ…。アルバム『ON THE ROAD』に入っているインスト曲「On the Road」じゃないでしょうか。歌詞が入ると会話の邪魔になったりもしますからね。

—今回のアルバム『ON THE ROAD』には、2曲のインスト曲が入っていますが、どのような意図で収録されたんですか?

平井)元々インストを入れたいなと思ってはいましたが、正直あまり意図はないんですよ(笑)。 “Bob Dylan”(ボブ ディラン)さんのカヴァーである「Blowin' in the Wind」の前の「By the Bonfire」は、「Blowin' in the Wind」の前奏的に付けるつもりだったんです。だけど、最終的には切り離したんですよね。
先ほどお話した「On the Road」は、メンバーとセッションした時に「お、いいな!」と思ったものをアレンジして収録したものなんです。



—“Bob Dylan”の「Blowin' in the Wind」を歌ったのには、どんな意図が…?

平井)僕は“Bob Dylan”さんが大好きで、けっこう重いメッセージをギターと声だけで表現するスタイルに憧れています。楽曲のシンプルであるべき部分などを彼から学ばせてもらっていたので、リスペクトを込めて今回カヴァーをしました。
彼の伝えようとしているメッセージには、一貫性がありますよね。僕は人生だったり、愛だったりに一貫性を持っているんですが、そういうところに共感を持っています。
 
—今回のアルバムは以前よりも「大人っぽい」印象を受けました。

平井)僕も20代後半になってきて、キャピキャピ出来なくなってきていて…。

—私は平井さんの10歳ぐらい上なので、まだまだお若い気がするんですけども…(笑)。ちなみに、“Bob Dylan”が「Blowin' in the Wind」を歌ったのは、今の平井さんと同じぐらいの年齢なんですよね。

平井)常々「今の僕だから出来る曲や表現をしよう」と思っています。だから自然と、今回のこのアルバムで歌いたいと思ったんだと思います。このアルバム『ON THE ROAD』も、今の自分だからこそ出来たアルバムなんじゃないかなぁと、思ったりしています。
 


—すでに公開されているアルバム『ON THE ROAD』のリード曲となる「Story of Our Life」のMusic Videoでは、平井さんの私物と思われるアンティークグッズが映っていましたよね。

平井)そうですね。もちろん、用意してもらったものもありますが(笑)。Zippoなんかは僕の私物ですね。
 
—やはり(笑)。最近、アメリカに行かれたとTwitterで拝見しました。以前のインタビューでは、アメリカのヴィンテージショップで買い物をするとお聞きしましたが、今回も買い物をされましたか?

平井)撮影でロスに行った際に買い物をしました。けっこう真剣に買い物しましたよ。服ではなくて、またハットをオーダーしたり…(笑)。
あと、いつもツアー用の小物などを自身で買ったりしているんですけど、今回は、牛頭の骨を購入しました(笑)。ツアーに来てくれた人に「あっ、あれだ」って思ってもらったらと…。



—ステージのセットにも、「こだわり」がしっかりと出ていると感じますが、どのようにしてステージのセットを決めているんですか?

平井)僕自身が購入する物も勿論ありますが、「STEVENSON OVERALL CO.(スティーブンソン オーバーオールズ http://www.soc-la.com/)」というブランドにも、ご協力いただいています。「Story of Our Life」のMusic Videoで着ているジャケットも、そちらの服なんですよ。
 
—そうでしたか。あのジャケット、カッコよすぎで羨ましいです(笑)。さて、今日はもう一店舗カフェをご紹介いただけるとお聞きしています。そろそろ、そちらに移動しても良いでしょうか?

平井) では、次の店舗がある代々木公園方面に向かいましょう!


2軒目のカフェは代々木公園駅からNHKに向かった途中にある「BONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK(http://bondicafe.net/bondi-cafe-yoyogi-beach-park/)」。
ポップな店内の奥には、ボンダイビーチに住むサーファーの部屋をイメージした「SURFER’S ROOM」があるのが特徴的なカフェです。おすすめメニューは「エッグスベネディクト」。



—こちらの「BONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK」は、どのような時にいらっしゃるんですか?

平井)スタジオ収録の合間に来たりしています。店内のサーフな雰囲気がとても良いですよね。そして、僕は、ここでもカフェラテをいただいてます(笑)。

—アルバム『ON THE ROAD』の中で、個人的に「Cradle of Love」がとても好きでした。イントロのアルペジオがとても素敵で。

平井)嬉しいですね、ありがとうございます。ギターのアレンジは僕の手癖が大きく影響してるところがあります。
 
—アウトロに入っているソロもですか?

平井)そうですね。あれは「弾きたくなっちゃった」んですよ(笑)。そうやって弾いたソロが、そのまま入っているんです。僕はけっこう「弾きたくなっちゃう」ことが多くて、そういうアレンジやフレーズがいくつかあります。



—「Cradle of Love」は、どのようなことを歌ってるんですか?

平井)「Cradle of Love」は恋愛のことを歌っています。たとえ好き同士でも、ときにはケンカしたりすることもあるでしょう。「Cradle of Love」では、そんな時の感情や想いを表現しています。
 
—先ほどおっしゃっていた「愛」についてのメッセージなんですね。アルバム『ON THE ROAD』のサブタイトルには「人生=旅。愛すべき人たちと巡り会い、歌い紡ぐ、終わりのない「僕ら」のストーリー」とありますが、このサブタイトルがコンセプトとしてあった上で作られた楽曲なんでしょうか?

平井)このサブタイトルやタイトルが決まったのは、楽曲を作り終えた後なんですよ。いつも集まった楽曲からタイトルを付けているんですが、その方がファンに伝わりやすいと想うからなんです。
もしかすると、「伝わるタイトル」を付けることこそが、最もクリエイティヴな作業かもしれないですね。



—そして、アルバムを聴いていただくのはもちろんですが、ライヴに来ていただくことが最も「伝わる」ことになるんでしょうね。

平井)そうですね。僕は基本的に弦楽器を使っています。アコースティックギター、ウクレレ、エレキギターですね。その音色をもっと皆さんに楽しんでもらいたいと思っています。
それがライヴの面白さに繋がっていると思っていて、レコーディングでも「ライヴで聴いて欲しいアレンジ」を意識しているんです。なので、ライヴでは“聴く”だけではなく、「どういう風に弾いているのか」と興味を持って“観て”もらえたらなと思います。
そして、僕の楽曲は、自身のライフスタイルから生み出されているので、聴いていただいた皆さんの生活に、楽曲が寄り添うことができれば、嬉しいですね。
 
—ファンの皆さんには『LIVE TOUR 2017 ON THE ROAD』にもぜひ来てもらいたいですね!

平井)ライヴにしかない、その時にしかない空間を楽しんでほしいです。ちなみに、今回はグッズもこだわっていて、「STETSON(ステットソン http://stetson.jp/)」というアメリカのハットメーカーと「STEVENSON OVERALL CO.」とでハットを作ったり…。

—すごいっ!! ハットがグッズになるアーティストって、めったにいないですよ!

平井)ですね(笑)。 「STEVENSON OVERALL CO.」ではバンダナを作ったり…。(スマートフォンでデザインを見せながら)このモチーフとか、こだわっていて…。
 
—これはカッコいいですね。しかも、平井さんらしさがすごく出てますね。デザインを作る工程も楽しいんじゃないですか?

平井)めちゃ楽しいですよ(笑)! ライヴでしか買えないので、とても価値のあるものになると思います。アメカジが好きな人は満足してもらえるんじゃないかな。

 

—ライヴで“平井 大”の音楽と空間を楽しんでいただくのはもちろんですが、グッズでも楽しんでもらえますね!

平井)ちなみにクレジットカードも使えるそうなので、会場で実物を見てぜひご検討ください(笑)!
 
—最後にファンの方へ一言お願いします!!

平井)僕が発信している音楽をいつも素直に受け取ってもらえて、とても感謝しています。今後も僕の音楽に対する考え方は変わらないので、皆さんも音楽への愛を変わらず持っていてもらえたら嬉しいです。

—今日はありがとうございました!!

平井)こちらこそ、ありがとうございました。



『ON THE ROAD』
http://hiraidai.com/disco/
 
1. Story of Our Life
2. Moonlight Satellite
3. Ordinary People
4. Three Two, One
5. On the Road
6. Life Song
7. Sunshine and Rainbows
8. By the Bonfire
9. Blowin' in the Wind
10. Cradle of Love
11. Home
 
【HIRAIDAI Offical Website】
http://hiraidai.com
 
【“平井 大” 公式twitter】
https://twitter.com/hiraidai
 
【“平井 大” 公式Instagram】
https://www.instagram.com/hirai_dai_official


≪撮影協力≫
【GARDEN HOUSE CRAFTS】
 
住所:東京都渋谷区代官山町13番1号 LOG ROAD DAIKANYAMA 5号棟
TEL:03-6452-5200
営業時間: 8:00~20:00
最寄駅:東急東横線 代官山駅
URL: http://gardenhouse-crafts.jp/

【BONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK】
 
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-15-2 Barbizon55 1F
TEL: 03-5790-9888 (予約専用: 050-3196-9651)
営業時間:9:00~翌2:00
最寄駅:東京メトロ千代田線 代々木公園駅、小田急線 代々木八幡駅
URL: http://bondicafe.net/bondi-cafe-yoyogi-beach-park/
撮影・中川晋弥